鹿児島市の弁護士による無料相談

盗撮をしてしまったら

盗撮(不安防止条例違反)について

盗撮は、鹿児島県の不安防止条例違反として処罰されます。

 

法定刑は、「6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金」となっています。
常習の場合、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」となります。

 

盗撮事件では、逮捕、勾留されないこともあり、その場合は在宅事件として取り調べを受けます。

 

この場合、国選弁護人はつきませんので、警察の言うがままに取り調べで不利な事情や誇張された事実で調書を作成されたり、被害弁償その他の有利な情状も主張できない結果、重い刑事処分になることがあります。

 

盗撮事件では、当然ながら、被害者が加害者本人に個人情報(氏名、住所、連絡先)を教えようとしません。
したがって、被害弁償しようにもできないことがほとんどです。

 

他方で、被害者は、弁護士だけにであれば被害弁償の連絡のため個人情報を教えてもよいと言われることが多いです。
これにより弁護士を代理人として被害弁償ができてケースが当事務所では多くあります。

 

言うまでもなく、被害弁償ができれば、刑事処分は軽くなる可能性が高くなります。

 

そのほかにも、身元引受人による陳述書や、反省文、謝罪文の書き方、弁護士による不起訴意見書の作成、提出など、弁護士が入ることで刑事処分を軽くできる可能性が高まるのです。

 

鹿児島あおぞら法律事務所は、盗撮に関するご相談やその後受任して私選弁護人として活動した経験が多くあります。
盗撮事件が不起訴で終わった事案も複数あります

 

盗撮事件は非常にプライバシー性の高い相談ですが、鹿児島あおぞら法律事務所は完全予約制、個室相談、秘密厳守ですので、安心してご相談ください。
電話による相談、即日相談も受け付けております。



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 得意分野 弁護士紹介 相談の流れ 皆様の声 弁護士費用 事務所案内