自己破産,免責申立てに強い鹿児島の弁護士

自己破産,免責に強い鹿児島の弁護士法人なら鹿児島あおぞら法律事務所

自己破産,免責に強い鹿児島の弁護士

自己破産,免責の内容とメリット,デメリットを、
鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士が説明します。

 

1 自己破産,免責手続きとは

自己破産,免責手続とは
裁判所に「債務を支払えないので,支払責任を免除する
という決定をもらう債務整理方法です。

 

その一方で,総額99万円を超える財産(不動産や預金)は、
原則として債権者への配当に回るので失う可能性があります。

 

また,高額な財産がある場合やギャンブルや浪費があると、
裁判所が破産管財人を選任して,財産の処分や免責調査をします。
(その場合,裁判所への予納金として20万円程度が必要になります)。

 

自己破産,免責手続きを選んだほうがいいのは
@借金総額を3〜5年では支払えない
A自分名義の大きな財産もない
という場合です。
破産免責で債務が全額免除されれば返済不要ですし
財産がなければ失う心配もないからです。

 

手続の流れは、

 

弁護士に依頼
 ↓
弁護士から裁判所に申立書等を提出
 ↓
裁判官との審尋(面談)
 ↓
破産開始決定(同時廃止または管財での異時廃止)
 ↓
免責許可決定

 

です。

 

鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士の経験では
@ギャンブルや浪費,不公平な弁済などの問題がなく、
A不動産など高額財産がなければ、
同時廃止(破産が開始と同時に終了する扱い)事件として、
短期間(申立から3か月程度)で自己破産でき免責まで下ります。

 

@ギャンブル・浪費,不公平な弁済があったり,
A高額財産があれば,管財事件になります。
その場合,約20万円の裁判所費用がかかり,管財人弁護士が選ばれ,
数か月かけて財産の換価や免責調査が行われます。

 

@ギャンブルや浪費,不公平な弁済(偏波弁済),換金行為などがあると、
免責を認めるかどうか調査されます。

 

A財産で問題になるのは,不動産や遺産分割が終わっていない財産がある、
退職金がある(ただし原則として8分の1の価値として計算されます)、
保険の解約金があるなどで,これら財産をどうするかが問題になります。

 

退職の必要はありませんし,保険解約の必要もないことが多いですが,
一定の金額を裁判所に納める(財団組み入れ)こともあります。
なお,ローンが残る車は引きあげられます。
ローンが残っていなくて5年落ちであれば無価値と扱われることが多いです。

 

2 自己破産,免責のメリットは?

自己破産,免責手続のメリットは、
すべての債務(サラ金,銀行,個人)について全額が免除されることです。
収入が少なく返済が難しい方にとっては経済的再出発ができる最適な制度です。

 

弁護士に相談,依頼したら督促,支払いが止まる点は、
任意整理などのその他の債務整理と同じです。

 

3 自己破産,免責のデメリット(不利益)は?

自己破産,免責のデメリットは、99万円を超える財産は原則失う点です。

 

また,借金の理由やその他の問題が大きいと免責されないことがあります。

 

自己破産手続中は警備員や保険外交員など一定の職業につけません。

 

信用情報機関に登録されるので、数年間は借入れ等ができません。
官報にものります。

 

4 鹿児島あおぞら法律事務所の強みは?

 

自己破産.免責は、経験が多い弁護士の専門的知識が必要です。
鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士は年間20件程度の自己破産、
免責申立の実績があり自己破産,免責に強い弁護士を目指しています。

 

弁護士法人鹿児島あおぞら法律事務所は、
自己破産,免責の相談は無料です。
また,依頼する場合の弁護士費用は,着手金30万円〜(分割可)です。


自己破産,免責のポイントを弁護士が解説

自己破産,免責のポイントを鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士が解説します。

 

・債務を3年から5年で返せますか?

債務を3年から5年の分割払いで返せなければ,破産や個人再生を検討すべきです。
失いたくない大きな財産がなければ,債務が一部残る個人再生よりも,債務が全部なくなる破産がよいでしょう。

・ギャンブルや浪費,不公平な弁済をしましたか?

借金の理由にギャンブルや浪費があれば,免責不許可事由にあたるので、
それでも免責を認めていいか(裁量免責)を管財人が調査します。
また,不公平な弁済(偏波弁済)があれば,これも免責に影響します。
場合によっては管財人が弁済先に弁済金を返還請求します(否認権行使)。
これらの問題がなく,大きな財産もなければ,管財事件にはならず、
同時廃止(破産手続きが開始と同時に終了)で早期に終了します。

・財産としてなにがありますか?

財産について不動産(相続で遺産分割をしていないものも含む)、
生命保険の解約返戻金、退職金(原則8分の1で計算),車が問題です。
車はローンが残っていると取られてしまいます。これは個人再生も同様です。
ローンなしの車は原則5年落ちであれば、無価値と扱われ,取られません。
5年落ちでなくても価値に応じた金額を裁判所に納めれば車は取られません。
退職金や解約返戻金も同様です。退職や解約の必要はありません。

・過去に破産をしたことがありますか?

過去7年以内に破産免責していれば2度目の破産は免責不許可事由に該当し、
裁量で免責していいか厳しく調査されます。
また,7年以内でなくても2度目の破産は管財事件として免責の可否を調査されます。

・家計の改善の意欲がありますか?

免責不許可事由があっても,裁判所は裁量で免責を認めることがあります。
その場合,ご本人の家計改善や節約の意欲,手続への協力態度、
その他の事情を考慮して,免責を認めるかどうか決めます。
免責不許可事由があっても,あきらめずに弁護士に相談してください。


自己破産,免責の無料相談方法は?

自己破産,免責の弁護士無料相談は
TEL 099-295-6665
または

 

土日・電話で自己破産,免責相談も可能です。

 

鹿児島あおぞら法律事務所は、破産免責の相談を年間30件は受けています。
自己破産,免責なら当事務所にお任せください!

 

→弁護士紹介・事務所紹介 

 

→トップページ 


自己破産,免責の解決事例

6社500万円で生活費や事業資金として借入れ,返済できなくなりました。
事業は廃業し,弁護士に破産を依頼しました。
事業をしていたことから管財事件になる可能性が高いといわれましたが,
申立て段階で事業のことや残っている財産がないことなどを主張してもらい、
同時廃止という形でスピーディに破産と免責が認められました。
新たに就職先も決まり,免責にほっとしました。(鹿児島市 50代男性)

 

8社400万円で半分近くショッピングでの浪費やギャンブルでした。
鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士に相談し,「管財事件になり、
免責が認められるかどうかが問題になる」といわれました。
申立て後,予想した通り管財事件になりましたが,家計指導や反省文など、
反省や今後の家計改善を行動として示して免責が得られました。
(鹿児島市 30代女性)



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 得意分野 相談の流れ 弁護士紹介 弁護士費用 解決事例 弁護士ブログ