借金が時効で消える場合を弁護士が説明

借金が時効で消滅するのはどういう場合?|弁護士法人鹿児島あおぞら法律事務所

借金が時効で消滅するのはどういう場合?

借金(サラ金)が時効で消滅する場合とは、
最後の弁済から5年を経過しているか,
裁判確定から10年を経過している場合です。

 

借金と消滅時効について、鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士が解説します。

 

1 借金の時効は何年?

 

「5年以上前にサラ金からお金を借り,その後返済できなくなり時間が経った、
今になってサラ金から支払請求通知が届いた」という相談を多く受けます。

 

会社からの借入は,最後の返済から5年が経過すれば消滅時効を援用(主張)して、
残りの借金を支払わなくてすむ可能性があります。

 

原債権者(もともとの貸主)から債権回収会社に債権譲渡されていても、同様に消滅時効を主張できます。
保証会社が代位弁済している場合は,求償債権になるので,代位弁済から5年の経過が必要です。

 

2 裁判や支払督促の場合の時効は?

 

ただし、例外もあり,すでに貸金請求の裁判が確定していれば時効期間は10年に延長されます。
また,債務を認めてしまったり,支払を1円でもしてしまえば,債務の承認となり、
時効期間はゼロに戻り,さらに5年立たないと消滅時効を主張することはできません。

 

奨学金や個人からの借入はまた別で、時効期間や時効の起算点はサラ金と異なります。

 

最終の返済から長時間が経過している借り入れは、
元金よりも遅延損害金が多額になっていることが多いです。
サラ金会社はなんとか連絡を取らせて債務を認めさせようとします。
しかし,債務を認めたり,1000円でも払ってしまうと,債務の承認として、
時効期間がゼロに戻り,さらに5〜10年経たないと時効を主張できません。

 

ですから,サラ金からの通知が届いたら,ご自身で対応しようとはせず,借金問題に詳しい弁護士に相談してください。
鹿児島あおぞら法律事務所は,借金の法律相談は無料です。

 

執筆者:鹿児島あおぞら法律事務所 弁護士 犬童正樹

 

無料相談予約は
TEL099-295-6665
または

 

→トップページ 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 得意分野 相談の流れ 弁護士紹介 弁護士費用 解決事例 弁護士ブログ